名古屋で鼻整形なら!実績豊富で評判の美容外科3選!

1位 品川美容外科 名古屋院
フレックス・ノーズ
みんな利用しているだけのことはある♪

信頼性 ★★★★★
費用 ★★★★★
アフターケア ★★★★★

自分の軟骨を移植する隆鼻術でも、印象を変えることができる

鼻を高くする隆鼻術には、大きく分けて2つの方法があります。シリコンプロテーゼを入れて高くする方法と、自分の軟骨を移植する方法です。最近ではシリコンプロテーゼを入れて高くする方法を選択する方が多いようです。でも中には自分の軟骨を移植して、高くしたいという方もいます。自分の軟骨を移植する場合、耳の軟骨から移植するケースが多いです。手術料金はクリニックによって様々ですが、シリコンプロテーゼを利用する方法より、若干高くなることもあります。シリコンプロテーゼは、安全性があるので、中に入れても大丈夫です。でも自分の軟骨を移植する方法であれば、安心感が得られるという方もいます。
自分の軟骨を移植する隆鼻術を受ける場合、耳と鼻を切開します。そのためシリコンプロテーゼの方法より、少し時間がかかります。手術後は耳や鼻を固定するので、だいたい一週間後に外します。手術後は少し鼻が膨らんだように腫れます。でも少しずつ腫れはひいていきます。個人差はありますが、一か月くらい経つと、希望していた鼻になっているはずです。自分の軟骨を移植する隆鼻術で手術を受けた場合でも、鼻筋が通って見える仕上がりになります。横から見て高くなったと感じるだけでなく、正面から見ても印象は変わります。
隆鼻術を受けたい人は、まずはドクターからしっかりと説明を受けましょう。自分の軟骨を移植する方法で、ミリメートルの単位で高さを変えたとしても、印象を変えることができます。自分の希望をしっかりと伝えることも大切です。
鼻を高くして、前向きに生きられるようになったという方もいます。でもシリコンプロテーゼを入れるのは、どうしても抵抗があるという人もいます。この場合、自分の軟骨を移植して鼻を高くする、隆鼻術を検討してみてはいかがでしょうか。